当園は、地域の生産者と密接に連携を持つことを理念としております。その当地域の植木生産の歴史をご紹介します。

●初期
藤沢を中心とする植木生産の歴史は古く、大正の終わりにまで遡ります。当時は鎌倉や鵠沼など、別荘地での需要が多く、栽培面積は拡大していきました。藤沢市をはじめとした、綾瀬、海老名、厚木などの県央地区は、地形が平坦で、土質は関東ローム層の黒土で、生産条件にも恵まれていました。
●戦中・戦後
順調に発展していた藤沢の植木生産でしたが、第二次世界大戦中に、ほとんどの植木が食糧生産のために伐採されてしまいます。その後、植木の生産が復活したのは昭和20年代後半でした。
●現在へ
昭和30年代に入ると、庭園樹を中心として生産量は増加し、40年代には植木が藤沢市の基幹作物の一つになりました。49年に開設された緑化流通センターは、現在でも神奈川県のセリの流通の8割を占めるほどの盛況ぶりです。
現在では、庭園樹から、緑化木へと生産の中心が変わり、生垣用樹木や、コニファーなどが多く植えられています。また、消費地に近いという地の利から、ニーズに対応したさまざまな品種の生産も盛んです。

Copyright © 2003 Takahashi Ryokkaen